情報化社会を支える基盤技術の確立を目指して
21世紀の情報化社会が花開くためには、高度な情報処理と通信の技術が不可欠です。 計算機に代表される情報処理装置には、高機能化、高性能化、小型化が要求されています。 通信には大容量マルチメディア情報の高速高信頼度伝送をいつでも、どこでも可能とすることが要求されています。 通信情報システム専攻は、情報処理装置とディジタル情報通信の分野で未来技術の発展を支えます。