通信情報システム専攻 2017年度談話会の概要

第1回

日時
2017年4月21日(金) 16:30-18:00
場所
  • 学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室
    (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access/#s_bldg 参照。南館館内拡大図もご参照下さい。)
  • 生存圏S-143H遠隔講義室
  • 京都大学YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は開催日前日までに世話人に電子メールでご連絡ください。

講演者
楠本 充 氏(株式会社 Preferred Networks, ソフトウェアエンジニア)
講演題目
ディープラーニングの入門と最近の話
概要
ディープラーニングはニューラルネットをモデルとして用いる機械学習 の一分野であり、ここ数年で様々な分野の実問題で成功を収めてきた。 本講演ではディープラーニングに関する概要と、近年の動向について話す。

第2回

日時
2017年5月19日(金) 16:30-18:00
場所
  • 学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室
    (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access/#s_bldg 参照。南館館内拡大図もご参照下さい。)
  • 生存圏S-143H遠隔講義室
  • 京都大学YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人まで事前にご連絡ください。

講演者
伊原 彰紀 先生(奈良先端科学技術大学院大学)
Speaker
Prof. Akinori Ihara(Nara Institute of Science and Technology)
講演題目
Open Source Software Engineering
概要
Open Source Software (OSS) is often used by individuals/organizations, and many industrial systems with OSS are developed. In order to lead to use/develop safe and secure OSS, this presentation overviews a research field called Open Source Software Engineering, through introducing existing academic studies.

第3回

日時
2017年6月16日(金) 16:30-18:00
場所
  • 学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室
    (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access/#s_bldg 参照。南館館内拡大図もご参照下さい。)
  • 生存圏S-143H遠隔講義室
  • 京都大学YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人まで事前にご連絡ください。

講演者
原田 博司 先生(京都大学大学院情報学研究科 教授)
Speaker
Dr. Hiroshi Harada(Professor, Graduate School of Informatics, Kyoto University)
講演題目
無線に関する国際標準化の実際
Title
A Fact of International Standardization In Wireless Communications
概要
多くの会社により開発ができる共通仕様を定義することにより,価格の低廉化,小型化に代表される商用化を促進し、さらに関連事業,異業種との協業を行うことにより盤石な市場形成を行うのが標準化である。しかし、実際行われている国際標準化は、自身が研究開発した要素技術、特許を持ち寄り、あらゆる人種、宗教、価値観を超え、数年間に渡り、机の上では握手をし、机の下では蹴り合いを行いながら、自身の利益は最大化しつつ合意形成を行う壮大なゲームである。本講義では、筆者の米国電気電子学会IEEE主催の15の標準化に技術面からまた運営面から携わった経験より、このゲームの楽しさ、切なさ、そこから見える本当に必要なグローバルな人材とは何かを論じる。
Abstract

Standardization defines a common technical specification by which venders easily develop their interoperable products. The standardized products will involve other cross-industrial products and systems and finally create a big market.

In the international standardization body, contributors bring their own fundamental technologies and patents and need to form consensus beyond race, religion and sense of values. But the contributors also need to maximize their benefits. This is a magnificent game.

This lecture will introduce a fact of international standardization in wireless communications from the experience of operational and technical contributions to IEEE standardizations related to wireless communications.

第4回

日時
2017年7月21日(金) 16:30-18:00
場所
  • 学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室
    (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access/#s_bldg 参照。南館館内拡大図もご参照下さい。)
  • 生存圏S-143H遠隔講義室
  • 京都大学YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人まで事前にご連絡ください。

講演者
Dr. Kornyanat Hozumi(国立研究開発法人 情報通信研究機構)
Title
Study of low-latitude ionosphere through radio propagation and multi-instrument
Abstract
Latitudinal variation of the Earth ionosphere is mainly due to different physical processes associated with different geomagnetic field line (B) configurations. In low latitude, the magnetic inclination is nearly zero. Upward component of ExB drift plays an important role in the up-down motion of plasma. After uplifted by ExB drift, plasma diffuses along B. Then two plasma density crests are formed around 15º apart from the dip equator, so-called Equatorial Ionization Anomaly (EIA). Large plasma density gradient around the EIA crests introduces a considerable time delay that impacts on GPS navigation system. There is another ionospheric irregularity, so-called plasma bubble, at latitudes between the dip equator and EIA crests. Plasma bubble envelop has large plasma density gradient. Various irregularity scales coexist inside plasma bubble. It causes a scintillation in trans-ionospheric radio signals, and loss of lock of the signal in the worst case scenario. Then satellite communication breaks down. I have been studied the physical process, irregular characteristic, and impact of low latitudes irregularities. In this talk, radio propagation simulator and multi-instrument technique for low latitudes ionospheric study will be introduced. Socio impact of space weather via ionosphere will be discussed.