通信情報システム専攻 2010年度談話会の概要


第1回
日  時: 4月23日(金) 16:30-18:00
場  所:学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access/index.html#s_bldg 参照。南館館内拡大図もご参照下さい。) / 宇治本館E棟5階 防災研究所セミナー室III (E517D) / 京都大学YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい
:山本 高至 (情報学研究科 助教)
講演題目:無線分散ネットワークにおけるゲーム理論的リソース制御 / Game-Theoretic Resource Management for Wireless Distributed Networks
概  要
無線ネットワークにおけるリソース制御や周波数共用といった課題の多くは,干渉という無線特有の相互作用によって生じる.この相 互作用を扱う理論としてゲーム理論がある.本講演では非協力ゲーム理論の基礎を述べるとともに,非協力ゲーム理論の分散リソース 制御への応用について述べる.

In wireless networks, resource management and spectrum sharing are required to manage interference. Since interference is a mutual interaction in wireless networks, game theory can be a promising theory to analyze wireless networks. This talk includes fundamentals of non-cooperative game theory and its application to distributed resource management.


第2回
日  時: 5月14日(金) 16:30-18:00
場  所:学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access/index.html#s_bldg 参照。南館館内拡大図もご参照下さい。) / 宇治本館E棟5階 防災研究所セミナー室III (E517D) / 京都大学YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい
:畠山 一実 (半導体理工学研究センター 開発第2部 テスト&故障解析開発室  チームリーダー)
講演題目:LSIのテスト技術とその課題 / LSI Test Technology and Challenges
概  要
LSIは高集積化・多機能化とともに幅広い分野への応用が進んでいますが,それとともにLSIテストコストの増大が 問題となってきています。本講演では,まずLSIテストの重要性について簡単に説明した後,その設計技術として LSIテストに用いるテストパターンを作成するためのテスト生成技術,および,そのテストパターン生成を容易に するために付加回路を設けるテスト容易化設計技術の概要について紹介します。最後に,今後のプロセス微細化や 設計高度化の動向に対応するためのLSIテスト技術の課題についても述べます。

High integration and various functionalities of LSI has widely expanded its application area. However it also has caused a serious issue of increasing test cost. In this talk, I'll first show the importance of LSI testing and then I'll give an overview of two major test design technologies, that is, test generation technology for generating test patterns for each LSI, and design for test technology for adding some test circuit to relax the complexity of test generation. Finally, I'll show some challenges in LSI test technology to accommodate to future trends of process miniaturization and design sophistication.


第3回
日  時: 6月11日(金) 16:30-18:00
場  所:学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access/index.html#s_bldg 参照。南館館内拡大図もご参照下さい。) / 宇治本館E棟5階 防災研究所セミナー室III (E517D) / 京都大学YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい
:妻鹿友昭(生存圏研究所 特定研究員)
講演題目:気象観測におけるレーダー観測技術 / Radar technique for meteorological application
概  要
気象現象の研究や観測において、時間的・空間的に高い分解能を持ち連続的で観 測できるレーダー観測は重要な技術となっている。気象分野では、レーダーは降 雨と風速の観測に広く用いられている。気象レーダーは降雨からの散乱を用いて 降雨強度の分布を観測する。大気レーダーは大気乱流の散乱を用いて風速分布を 求める。本講演では、気象観測に用いられるレーダー技術の基礎から周波数干渉 法等の応用について述べる。

Radar observation is an important technique on meteorological study, because it has high time and spacial resolution. Radar is used extensively in meteorology for two purposes known as to detect precipitation and to obtain wind-speed. Weather radar detects the presence of precipitation and estimates rain-rate from intensity of received echos from precipitation. Atmosphere radar obtains wind speed by echos from clear air turbulence. I describe from the basic to the application of the radar technique such as frequency domain interferometric imaging.


第4回
日  時: 7月16日(金) 16:30-18:00
場  所:学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access/index.html#s_bldg 参照。南館館内拡大図もご参照下さい。) / 宇治本館E棟5階 防災研究所セミナー室III (E517D) / 京都大学YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい
:馬谷誠二(情報学研究科・助教)
講演題目:最近のプログラミング言語における並行・分散計算:実践と理論 / Concurrency and Distribution in Modern Programming Languages:Practice and Theory
概  要
マルチコアプロセッサやネットワーク上でスケーラブルなプログラムを書くた めに,最近のプログラミング言語の多くは並行性や分散を扱うための機能を備 えている.本講演では,それらのうち広く普及している言語のいくつかを概観 し,さらに,それらの理論的基礎となっている計算モデルについても簡単に紹 介する.

Many modern programming languages provide some ways of expressing concurrency and distribution so that programmers can easily write scalable programs on multicore CPUs or networks of computers. In this talk, I will give an overview of some popular languages supporting concurrency and distribution, and then show their fundamental computation models briefly.


第5回
日  時: 10月15日(金) 16:30-18:00
場  所:学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access/index.html#s_bldg 参照。南館館内拡大図もご参照下さい。) / 宇治本館E棟5階 防災研究所セミナー室III (E517D) / 京都大学YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい (既にご連絡頂いた方は結構です)
:川添 雄彦(かわぞえ かつひこ) 日本電信電話株式会社研究企画部門 理事 Katsuhiko Kawazoe Chief producer Research and development planning department NTT
講演題目:次世代コンテンツ流通サービス及びシステム / Next-Generation Content Delivery Services and Systems
概  要
通信業界及びコンテンツ業界において、NGNに代表される 次世代ブロードバンドネットワークの有効活用とメディアの融合によ る新たなコンテンツサービスの実現が重要な課題となっている。 本講演では現在、全世界で進行中の次世代コンテンツ流通サービス及 びシステムについて説明する。代表的なコンテンツ流通サービスとして、
(1)テレビ向けのIPTVサービス
(2)屋外広告メディアであるデジタルサイネージ
(3)劇場におけるデジタルシネマサービス
(4)電子書籍サービス
などを取り上げ、そのサービス内容及び世界市場を視野に入れた標準化 技術について解説する。

Converging media services and Next Generation Networks (NGN) are hot buzzwords in the current telecoms and service providers industries. In this presentation, the future of next-generation content delivery services and systems are shown, such as next IPTV systems, networked digital signage platforms, digital cinema systems for live contents delivery and e-book known as a digital book. These systems can offer new attractive services and are based on standard specifications in order to supply to the global market.


第6回
日  時: 11月12日(金) 16:30-18:00
場  所:学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access/index.html#s_bldg 参照。南館館内拡大図もご参照下さい。) / 宇治本館E棟5階 防災研究所セミナー室III (E517D) / 京都大学YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい (既にご連絡頂いた方は結構です)
:岡崎信一郎(おかざきしんいちろう) ルネサスエレクトロニクス株式会社 主幹研究員 Shinichiro OKAZAKI Chief Researcher, Renesas Electronics Corporation
講演題目:安全支援用車載画像認識と組込みプロセッサでの並列処理アーキテクチャ / In-Vehicle Image Recognition for Driver Assistant System and Parallel Processing Architecrure of its Embedded Processors
概  要
高齢化社会に向け衝突防止や衝突被害軽減のための安全支援システム (DAS: Driver Assistant System)の普及が期待されている。DASには 各種のセンサが利用されるが、カメラ画像からの画像認識は、一つの センサから多様な情報を得られるため、有効なセンサの一つである。
本講演では、DASに搭載される画像認識機能の概要について紹介する。
また、DASを装置実現するためには組込みプロセッサにおいて画像認識 を効率よく処理することが不可欠である。本講演では、導入されている 並列処理アーキテクチャや具体的なプロセッサデバイスについて紹介する。

The Driver Assistant System (DAS) is expected to realize crash prevention or mitigation of accidents toward the aging society. The image recognition is one of useful sensors since several kinds of information could be obtaind from camera images. In this talk, the outline of image recognition functions and their methods for DAS will be introduced. Since the embedded processor is required to implement those methods into real apparatus effectively, the parallel architectures to realize effectiveness will also be introduced.


第7回
日  時: 12月17日(金) 16:30-18:00
場  所:学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access/index.html#s_bldg 参照。南館館内拡大図もご参照下さい。) / 宇治本館E棟5階 防災研究所セミナー室III (E517D) / 京都大学YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい (既にご連絡頂いた方は結構です)
:矢吹正教 京都大学生存圏研究所 特定研究員 Masanori YABUKI Program-Specific Researcher Research Institute for Sustainable Humanosphere (RISH), Kyoto Univ.
講演題目:ライダーによる地球大気計測 / Observations of earth’s atmosphere using lidar techniques.
概  要
レーザーを光源としたレーダー手法であるライダーは、地球大気計測に広く応用 されている。大気ライダーは、エアロゾル(大気中に浮遊する微小な塵)や雲、 水蒸気などを含む、気候変動に関係した大気微量成分の高度分布計測に利用され ている。講演では、大気計測に用いられる様々なライダー手法や、ライダー計測 の気候学への応用について紹介する。

Lidar (laser radar), which is a remote sensing technology that utilizes lasers to determine the distance and other information of a target, is widely applied for observations of earth’s atmosphere. Atmospheric lidars are capable of measuring vertical profiles of atmospheric minor constituents including aerosols, clouds and water vapor related to global climate change through their radiative effects. In this seminar, an overview of various atmospheric lidar techniques, recent trends in lidar applications to climatology, etc. will be presented.


第8回
日  時: 1月13日(木) 16:30-18:00
場  所:学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access/index.html#s_bldg 参照。南館館内拡大図もご参照下さい。) / 宇治本館E棟5階 防災研究所セミナー室III (E517D) / 京都大学YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい (既にご連絡頂いた方は結構です)
:高木直史 京都大学大学院情報学研究科 教授 鬼頭信貴 京都大学大学院情報学研究科 特定研究員
Naofumi Takagi Professor, Graduate School of Informatics, Kyoto University Nobutaka Kito Research Associate, Graduate School of Informatics, Kyoto University
講演題目:超伝導スーパーコンピュータの基盤技術開発 / Development of fundamental technologies of superconductive supercomputers
概  要
スーパーコンピュータは、科学技術の発展に不可欠であり、 各国で開発が進められている。現在、Peta Flops 級の スーパーコンピュータが稼動しており、我国でも「京」が 一部稼動し始めている。今後、Exa Flops を目指すことに なるが、そこでは消費電力を抑えることが最大の課題と なっている。  本講演では、消費電力が非常に小さい、超伝導単一磁束 量子(SFQ)回路を用いたスーパーコンピュータの基盤 技術開発の研究を紹介する。SFQ回路実現に適した コンピュータアーキテクチャ、論理回路構成法、 回路設計支援技術等について述べる。

Supercomputers are necessary for progress of science and technology, and are developed in many countries. Now, petascale supercomputers are in operation. In Japan, a supercomputer named `Kei' is now working partly. Researches targeting exascale are in progress, where reduction of electric power consumption is a big challenge. In this seminar, we will talk state of the are of development of fundamental technologies of supercomputers using superconductive single-flux-quantum (SFQ) circuits whose power consumption is very low. We will explain computer architecture, method of logic circuit design, and CAD technology for logic circuit design and so on, suitable for SFQ circuits.