通信情報システム専攻 2009年度談話会の概要


第1回
日  時: 4月17日(金) 16:30-18:00
場  所: 学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access 参照。南館館内拡大図もご参照下さい。) / 宇治総合研究実験棟5階 セミナー室 (HW525) / 京都大学YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい
: 山本 衛 (生存圏研究所 教授)
講演題目: ディジタル無線技術を用いた地球大気のリモートセンシング Remote sensing of Earth's atmosphere by means of digital radio technique
概  要
生存圏研究所ではレーダーを主としたリモートセンシングにより、地球大気 の研究を広範に実施している。本講演では、まず我々の研究内容と主施設を 概観する。最近では、ディジタル無線技術の急速な発達に伴い、オープン ソースのソフトウエア・ハードウエアが登場しており、これを用いた地球大 気のリモートセンシング機器の開発を行っている。講演では、GNU Radioと USRP (Universal Software Radio Peripheral)の応用例として、ひとつは衛 星ビーコン観測用の受信機開発と電離圏全電子数の観測と、現在開発中の境 界層レーダー用の受信装置について報告する。

We are studying the Earth's atmosphere by means of remote sensing techniques, i.e., atmospheric radars. In this lecture, we first review our studies and our main facilities. Recently, there is open software toolkit and open hardware for the digital radio technique. As examples of using them for the Earth's remote sensing, we show development of a digital receiver for the satellite-ground dual-frequency beacon experiment, and ongoing development of receiver for the boundary layer radar.


第2回
日  時: 5月15日(金) 16:30-18:00
場  所: 学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access 参照。南館館内拡大図もご参照下さい。) / 宇治総合研究実験棟5階 セミナー室 (HW525) / 京都大学YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい
: 守倉正博 (情報学研究科 教授)
講演題目: 無線LANの技術動向 The technology trends of wireless LAN systems
概  要
近年、大学やオフィス、家庭内に急速に普及している無線LANの 最新技術動向について述べます。世界的に標準化され広く用いら れているIEEE802.11系無線LAN技術について、1997年に成立した 最初の1,2Mbpsの無線LAN規格の物理層、MAC層の解説を行い、そ の後それぞれ1999年及び2003年に策定され、現在主流で用いられ ているOFDM方式によるIEEE802.11a,g規格の要素技術について述べ ます。更に2010年の規格成立に向け、盛んに技術開発が行われて いるIEEE802.11n規格の最新無線LAN規格について、物理レイヤの MIMO技術やMACレイヤのアグリゲーションによる高速化について述 べます。

Nowadays wireless LAN systems are widely used in campuses, offices and homes and so on. The latest technology trends of wireless LAN systems will be presented in this lecture. Especially, the IEEE 802.11 standards based wireless LAN systems, which are used all over the world, will be described. The legacy IEEE802.11 standards were made in 1997, which have one or two Mbit/sec transmission rate. After that, IEEE802.11a,g standards which have the 54 Mbit/sec transmission rate by using an OFDM scheme, were made out in 1999 and 2003, respectively. The key physical layer and MAC layer technologies of the IEEE802.11a,g standards will be presented. Furthermore MIMO technologies at the physical layer and MAC layer data aggregation technologies of the latest IEEE802.11n standards which will be finalized in 2010 will be explained.


第3回
日  時: 6月19日(金) 16:30-18:00
場  所: 学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access 参照。南館館内拡大図もご参照下さい。) / 宇治総合研究実験棟5階 セミナー室 (HW525) / 京都大学YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい
: 林 寛生 (JAXA・招聘研究員 (京大生存研・特定教員))Hayashi Hiroo (JAXA・Researcher (RISH・Special Faculty))
講演題目: 国際宇宙ステーション(ISS)からの地球大気観測: 超伝導サブミリ波リム放射計(SMILES) Observation of Earth's atmosphere from International Space Station (ISS): Superconducting Submillimeter-wave Limb Emission Sounder (SMILES)
概  要
2009年9月に打ち上げが予定されている超伝導サブミリ波リム放射計 (SMILES)による地球大気観測について話をします。SMILESは国際宇宙 ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」曝露部に取り付けられ、 地球大気の周縁部(リム)からの微弱なサブミリ波帯放射を検出し、オ ゾンやオゾンの生成・消滅反応に関連する分子の高度分布を推定しま す。SMILESによる観測では、絶対温度4Kまで冷却した超伝導センサを 用いることから、れまでにないような高精度のデータが得られると期 待されています。講演ではSMILESのハードウェアや観測される大気分 子の高度プロファイルの導出、観測データを利用したサイエンス等に ついて説明します。

The talk is about Superconducting Submillimeter-wave Limb Emission Sounder(SMILES) which is scheduled to be launched in the coming September. SMILES observes atmospheric limb emission of submillimeter wavelength range from the exposed facility of the Japan Experiment Module, "Kibo", on the International Space Station (ISS), in order to investigate vertical distribution of ozone and other trace gases related to ozone chemistry. Since it utilizes a 4K-cooled superconductive sensor, unprecedentedly high precision data are expected to be obtained. Overview of SMILES hardware, retrieval of vertical profiles of tracers, expected science results with SMILES data, etc. will be presented.

講演者略歴: 2001年 北海道大学大学院地球環境科学研究科博士課程修了 2001年 国立環境研究所 研究員 2002年 メリーランド大学ボルチモア郡校 研究員 2006年 京都大学生存圏研究所 研究員 2008年 宇宙航空研究開発機構 研究員 2009年 京都大学生存圏研究所 特定教員


第4回
日  時: 7月17日(金) 16:30-18:00
場  所: 学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access 参照。南館館内拡大図もご参照下さい。) / 宇治総合研究実験棟5階 セミナー室 (HW525) / 京都大学YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい
: 小林 大輔 (JAXA・助教)Kobayashi Daisuke (JAXA Assistant Professor)
講演題目: 宇宙のためのLSI技術 LSI Technologies for Space
概  要
宇宙航空研究開発機構JAXAは,日本の宇宙航空に関する研究と利用を支えている機関です.その中にはLSIの研究に身を捧げている人達がいます.それこそ天文学的数字の便利なLSIが,優れた研究者や技術者達によって生み出され,世界中で広く利用されているにも関わらず,わざわざ JAXAがLSI研究者を雇う理由はなんなのでしょうか?JAXAだけ?いいえ,NASAもESAも同様です.一体,何に取り組んでいるのでしょう?そして,なぜそれに?この談話会では,宇宙でLSIを利用する際に直面する問題とその解決策について,最新の研究事例を交えながらご紹介しようと思います.

There are workers dedicating their lives to researching and developing LSIs in Japan Aerospace Exploration Agency, JAXA, which is a national organization for space and aviation researches and applications. What makes JAXA employ them though astronomic number of useful LSIs have been developed by brilliant researchers and engineers and widely used all over the world? Is it a unique case? No, you can find such dedicated persons also in NASA and ESA. What are they challenging in such space centers and why? I would like to talk about problems in LSI uses in space and solutions for them, presenting the latest research topics.

講演者略歴: 2005年東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程修了. 同年より宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部助教として宇宙用 LSIの研究に従事.


第5回
日  時: 10月16日(金) 16:30-18:00
場  所: 学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access 参照。南館館内拡大図もご参照下さい。) / 宇治総合研究実験棟5階 セミナー室 (HW525) / 京都大学YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい
: 花井 亮(東京大学IRT研究機構・特任助教) Ryo Hanai( Information and Robot Technology Research Initiative Project Assistant Professor)
講演題目: パーソナルモビリティと自律移動 Personal Mobility and Autonomous Navigation
概  要
ロボットによる生活支援が期待される分野として個人の移動能力の 支援がある.IRT研究機構では企業と連携して倒立二輪型の移動ロボット であるパーソナルモビリティロボット(PMR)の研究を進めている. 本講演では,PMRにおいて高い安全性と有用なアプリケーションを実現 するために必要となる自律移動機能について,最近のナビゲーション実 験結果を紹介する.また,自己位置推定,経路計画,障害物認識などの 要素技術とあわせて実際のロボットのソフトウェア構成についても説明する.

One of the highly expected areas in robotics to support our daily life is mobility. In IRT Research Initiative, we have been developing an inverse pendulum type robot for one person called Personal Mobility Robot (PMR). In this talk, we will introduce some of experimental results related to autonomous navigation, which is required to realize higher safety and useful applications. We present elemental technologies such as localization, path planning and obstacle detection and the structure of the software system as well.

講演者略歴: 2006年 京都大学大学院情報学研究科博士課程認定退学, 東京大学大学院情報理工学系研究科特任研究員・同特任助教を経て, 2008年から 東京大学IRT研究機構特任助教


第6回
日  時: 11月27日(金) 16:30-18:00
場  所: 学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access 参照。南館館内拡大図もご参照下さい。) / 宇治総合研究実験棟5階 セミナー室 (HW525) / 京都大学YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい
: 新熊 亮一(京都大学大学院 情報学研究科通信情報システム専攻 助教) Ryoichi Shinkuma(Assistant Professor, Communications and Computer Engineering, Graduate School of Informatics, Kyoto University)
講演題目: モバイルコンテンツ配信ネットワークの新パラダイム メリカ合衆国WINLABでの研究 A New Paradigm for Mobile Content Delivery Networks: Research Collaboration at WINLAB, USA
概  要
講演者は2008年9月から1年間,アメリカ合衆国ニュージャージー州WINLAB (Wireless Information Network Laboratory)にて,研究を行った.その期間, 「動的周波数割当てシステム」,「Future Wireless Internet」の2つのプロジェ クトに関わり,教授陣,研究員らとの共同研究を通じて成果をおさめた.本講演 では,まずWINLABについて簡単に紹介し,講演者が参加したプロジェクトに ついて概説する.次に,Future Wireless Internetのプロジェクトの下でWIN LABが提案しているCNF(Cache-aNd-Forward)アーキテクチャについて説明する. CNFはモバイルユーザへのコンテンツ配信に最適化された新たなネットワーク アーキテクチャである.本講演では,さらに,講演者が取り組んだ課題とその 結果について詳しく述べる.

The speaker joined WINLAB, Rutgers, USA, as a visiting researcher, September 2008. During his one-year research visit, he engaged in two projects WINLAB focuses on: dynamic spectrum access and future wireless internet. Regarding these projects, he has obtained a couple of interesting results through the collaboration with a few faculty members of WINLAB. This talk includes a brief introduction of WINLAB and the summaries of the projects the speaker joined. Then, the cache-and- forward (CNF) architecture, which was proposed by WINLAB under their future wireless network project, will be presented. CNF is a novel network design optimized for mobile content delivery. Furthermore, the specific issue the speaker worked on will be explained in detail.

講演者略歴: 2003年4月に本学情報学研究科助手に就任.無線通信方式, 通信ネットワークプロトコルを基礎として,最近は,無線 ネットワークやコンテンツ配信ネットワーク,ソーシャル ネットワークを対象に,個人的・社会的利得を向上するシ ステム・アーキテクチャを研究している.エリクソン・ヤ ングサイエンティストアワードなどを受賞している.


第7回
日  時: 12月18日(金) 16:30-18:00
場  所: 学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access 参照。南館館内拡大図もご参照下さい。) / 宇治総合研究実験棟5階 セミナー室 (HW525) / 京都大学YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい
: 瀧 宏文 (通信情報システム専攻・特定研究員) TAKI Hirofumi (Research Staff, Department of Communications and Computer Engineering, Graduate School of Informatics, Kyoto University)
講演題目: レーダー信号処理技術による医用超音波診断装置の発展 Development of Medical Acoustic Imagers Using Radar Signal Processing Techniques
概  要
医用超音波検査は簡便で放射線被爆がなく軟部組織描出能に優れ患者へ の負担が少ないため、医療現場でよく使われている。しかし、CTやM RIと比較し空間分解能が低く、悪性腫瘍の判定基準である石灰化の検 出能に乏しい。本講演ではレーダー信号技術を用いた超音波診断装置の 高分解能化法、微小石灰化検出法について説明する。

Ultrasonography (US) is a convenient and effective imaging tool because it involves no exposure to ionizing radiation and has an excellent ability to depict soft tissue. However, the spatial resolution of US is insufficient compared with X-ray computed tomography (CT) and magnetic resonance imaging (MRI). In addition, US has a difficulty in small calcification detection, an important diagnostic basis of malignancy. Here we talk about a high spatial resolution acoustic imaging system and a novel method to detect small calcification using radar signal processing techniques.

講演者略歴:
2000年 京都大学医学部医学科卒業
同 医師免許取得
2007年 京都大学情報学研究科 通信情報システム専攻
佐藤研究室にて博士号取得
現在 通信情報システム専攻 佐藤研究室 特定研究員


第8回
日  時: 1月14日(木) 16:30-18:00
場  所: 学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access 参照。南館館内拡大図もご参照下さい。) / 京都大学YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい
注:宇治では開催しません。宇治の学生は吉田地区で聴講できます。
: フランソワ・ルガル(東京大学 情報理工学系研究科 特任講師) Francois Le Gall (RProject Lecturer, Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo)
講演題目: 同型性判定問題: グラフと代数的構造 Isomorphism Testing: Graphs and Algebraic Structures
概  要
グラフ同型性判定問題は理論計算機科学の中核的な問題の一つである。 NP困難では無いと予想されているものの、この問題を解く多項式時間 アルゴリズムは発見されていない。この問題は代数的構造の同型性判 定問題と深い関係があることが知られている。本講演では、こういっ た関係を、コンピュータサイエンスの観点から紹介する。特に群同型 性判定問題と環同型性判定問題に着目し、最近の進展を紹介する。

Ultrasonography (US) is a convenient and effective imaging tool The Graph Isomorphism Problem is a well-known computational problem that has been the target of intensive research from the computer science community due to its intriguing status: it is one the few problems in the class NP and not believed to be NP-complete for which no efficient algorithm has been discovered so far. On the other hand, deep connections are known between the Graph Isomorphism Problem and isomorphism testing of algebraic structures. In this talk, we will discuss such connections from a computer science perspective, focusing on the Group Isomorphism Problem and the Ring Isomorphism Problem. We will also present recent progress on these two latter problems.

講演者略歴:
2006年 東京大学大学院情報理工学系研究科にて博士号取得
2006年-2009年 科学技術振興機構ERATO-SORST量子情報システムアーキテクチャ 研究員
2009年-現在 東京大学大学院情報理工学系研究科 特任講師