通信情報システム専攻 2007年度談話会の概要


http://yoshida.kuee.kyoto-u.ac.jp/~hm/Site/Blog/Blog.html にて講義スライドを公開中
第1回
日  時: 4月20日(金) 16:30-18:00
場  所: 学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access)/ 宇治総合研究実験棟5階 生存圏科学セミナー室 (HW525室)/ YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい
: 瀧 宏文 氏 ( システム科学専攻松田研 研究員 )
講演題目: リアルタイム3次元超音波イメージングシステムとその医用応用 Real-time 3-D acoustic imaging system and its medical applications
概  要
超音波はX線や放射線に比べて人体への害が少なく、装置が安価で管理が容易である。 そのため超音波技術は広く多様に普及している。高い時間、空間分解能をもつ リアルタイム3次元超音波イメージングシステムを実現可能するため、 我々は反射鏡と2次元アレイを用いたイメージングシステムを提案している。 本講演では提案システムの原理を述べ、その適用例として心臓機能診断用3次元イメージングシステムと 視覚障害者用視覚代行システムについて紹介する。

Ultrasound has lower risk to human health than X-ray or other radiations. In addition, ultrasonic instruments are low cost and easy to maintain. Therefore ultrasonic technique is utilized in various fields. We have proposed a real-time 3-D acoustic imaging system with a reflector and a 2-D element array that realizes high time and spatial resolutions. In this presentation I will outline the framework of the proposed imaging system. Then I will explain two medical applications; a 3-D imager for the diagnosis of heart function and a vision substitute system for visually impaired.


第2回
日  時: 5月18日(金) 16:30-18:00
場  所: 学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access)/ 宇治総合研究実験棟5階 生存圏科学セミナー室 (HW525室)/ YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい
: 山本 真基 氏 ( 情報学研究科 特任助手 )
講演題目: 低密度パリティ検査符号の復号化アルゴリズム A Decoding Algorithm for Low Density Parity Check
概  要
近年,LDPC 符号は,衛星デジタル・テレビ放送の標準規格「DVB-S2」に採用されるなど, 誤り訂正能力が非常に高い符号として注目を集めている. この特性は,今から10年ほど前に,Luby らによって理論的に証明された: Binary Erasure Channel (BEC) 上の通信では,LDPC 符号の効率はシャノン限界を達成する. 本講演では,彼らの復号化アルゴリズムとその理論的な解析を解説する.

Recently, LDPC codes, which became the error correcting code in the new DVB-S2 standard for the satellite transmission of digital television, have been paid attention to since the probability of lost information can be made as small as desired. This feature was theoretically proven by Luby et al. about ten years ago: The performance of LDPC codes on Binary Erasure Channels can achieve the Shannon Limit. In this talk, we present their decoding algorithm and its theoretical analysis.


第3回
日  時: 6月15日(金) 16:30-18:00
場  所: 学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access)/ 宇治総合研究実験棟5階 生存圏科学セミナー室 (HW525室)/ YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい
: 井上 武 氏 ( NTT 未来ねっと研究所 )
講演題目: マルチキャストの歴史に学ぶ研究開発戦略 Learning R&D strategies from the history of multicast
概  要
マルチキャストの世界では,他分野で起きた破壊的イノベーションによってメ インプレーヤが変わりつつある.マルチキャストは 20年にわたって研究開発 が行われてきた技術分野であるが,その歴史は決して順調であったとはいえな い.現在から振り返ると不合理にみえる戦略が,当時どのようにして選択され たのか.イノベーションが他分野で起こったのはなぜか.技術経営 (Management of Technology) の知見を交えながら,マルチキャストの研究者 が採り得た戦略について検討する.さらに,自らが戦略を立てるときの考え方 を紹介する.

In the multicast world, main players are being changed by the disruptive innovation by another community. The multicast have a 20 year history, that is a history of frustration. Why an unreasonable strategy -unreasonable in the current situation at least - was taken by the multicast community? Why the disruptive innovation was caused by the other community? In my talk, possible strategies, multicast community could taken in the past, are studied from the viewpoint of the Management of Technology. (Sorry, my talk is in Japanese)


第4回
日  時: 7月20日(金) 16:30-18:00
場  所: 学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access)/ 宇治総合研究実験棟5階 生存圏科学セミナー室 (HW525室)/ YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい
: 村田 英一 氏 (吉田研)
講演題目: Cooperativeワイヤレスネットワーク Cooperative Wireless Networks
概  要
現在も次々と新たなサービス専用の無線通信方式が開発されている。その結 果,身の回りの無線装置の種類が増えているが,サービスエリアの大きさと伝 送速度,許容コストに最適化されているためサービス間の連携や流用は難し い。しかし,高度な無線中継技術はこの制約を打破し,汎用の中距離通信シス テムとなる可能性がある。本講演では,Cooperativeワイヤレスネットワーク の技術課題と実現できる利用方法,現在試作中のシステムに用いた技術につい て述べる。

New wireless communication systems are being created regularly with different bandwidth, delay, costs, and location needs. The ubiquitous wireless communications of the future will need real cooperation among multiple systems and services. In this talk, technological challenges and potential services of cooperative wireless networks are discussed, and some key technologies employed in our demonstration system are introduced.


第5回
日  時: 10月19日(金) 16:30-18:00
場  所: 学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access)/ 宇治総合研究実験棟5階 生存圏科学セミナー室 (HW525室)/ YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい
: 野田 隆広 氏 (情報回路方式研 D3 (NTT サイバーソリューション研究所))
講演題目: VLSI システム設計教育からはじめる e-Learning Overview of e-Learning using a VLSI-system design course as a case study
概  要
e-Learning は様々な場面で広く使われるようになってきている.本講演では, VLSI システム設計教育環境である CALAT-PARTHENON を例とし,e-Learning について概論する.CALAT-PARTHENON は,学部生が VLSI 設計スキルを身につ けることを目的とし, 1999 年に国内外の大学への提供が開始され,開発が続 いているプロジェクトである.CALAT-PARTHENON プロジェクトの概要について 説明した後,標準化,ビジネスモデルなど,最近の e-Learning 動向を紹介す る.

E-Learning has been widely used recently in various settings. This talk will provide an overview of e-Learning using a VLSI-system design course, called CALAT-PARTHENON, as a case study. CALAT- PARTHENON has been developed and provided for undergraduate students to develop VLSI-system design skill since 1999. A description of CALAT-PARTHENON project will be outlined, and current e-learning topics (including applications, standardization, business models, and trends) will be introduced.


第6回
日  時: 11月16日(金) 16:30-18:00
場  所: 学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access)/ 宇治総合研究実験棟5階 生存圏科学セミナー室 (HW525室)/ YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい
: 足立 透 氏 (生存圏研究所JSPS特別研究員)
講演題目: スプライト研究の最前線 The frontiers of sprite research
概  要
1989年、偶然にも雷雲上空に二筋の発光が捉えられた。スプ ライトと名づけられた雷起源の発光現象は、それまで想像の 域を超えることのなかった地球対流圏・電離圏の電気的な結合 を強く示唆した。その後の精力的な地上光学・電磁波観測 や、我々が開発した衛星搭載光学観測器はスプライトの物理 機構を詳細に渡って明らかにし、地球大気電気学の新たな研究 分野を切り拓いた。本講演ではスプライトの理論・観測研 究の歴史を概観し、その最前線に迫る。

In 1989, two vertically extended optical emissions were unexpectedly captured by a video camera over an active thunderstorm. The discovery of lightning- induced optical phenomena, named sprites, strongly suggested the electrical coupling between Earth's troposphere and ionosphere. Recent ground-based optical/electromagnetic observations and satellite- based optical measurements uncovered the physical processes occurring in sprites and pioneered new research area of atmospheric electricity. In this lecture, we give an overview of the history and the frontiers of observational and theoretical research of sprites.


第7回
日  時: 12月21日(金) 16:30-18:00
場  所: 学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access)/ 宇治総合研究実験棟5階 生存圏科学セミナー室 (HW525室)/ YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい
: 三輪 忍 氏 (法学研究科 情報助手)
講演題目: パーセプトロンを用いた分岐予測手法 Branch Prediction Techniques with Perceptron
概  要
深い命令パイプラインをもつ近年のプロセッサでは, 様々なユニットのレイテンシが増加したことにともない, それを隠蔽する投機技術の重要性も増している. 特に,分岐予測は,そのヒット/ミスが性能に与える影響が大きく, その精度改善は重要な課題となっている. 近年では,その予測精度の高さから,ニューラルネットの一種である, パーセプトロンを用いた分岐予測手法が盛んに研究されている. 本講演では,パーセプトロン分岐予測を中心に,最新の分岐予測研究について紹介する.

The speculation techniques is important on the current processor with the deep instruction pipelines, which hide several latencies which are increased by the pipelining. Especially, the improvement of the branch prediction accuracy is important, because it strongly impacts on the performance whether the branch prediction hits or misses. Many researchers recently focus on the branch prediction techniques with the perceptron which is a kind of neural networks, and these techniques strongly improve the prediction accuracy. In this lecture, I explain the frontiers of the researches of the branch prediction.


第8回
日  時: 1月17日(木) 16:30-18:00
場  所: 学術情報メディアセンター南館 マルチメディア講義室202講義室 (http://www.media.kyoto-u.ac.jp/access)/ 宇治総合研究実験棟5階 生存圏科学セミナー室 (HW525室)/ YRPモバイルラボ (横須賀)
※YRPで聴講される場合は世話人までご一報下さい
: 梅原 大祐 氏 (守倉研究室助教)
講演題目: 電力線通信によるホームネットワーク In-home Networking by Power Line Communications
概  要
平成18年10月より屋内利用に限定して短波帯を利用した電 力線通信が認可された.この認可を受け,各ベンダーから電力線信号と イーサネット信号をブリッジするPLCアダプターが販売されてい る.PLCアダプターによる簡易なホームネットワーク構築が期待 されるが,配線や接続機器の状況によってはその実現は困難となる.本 講演では,現在の電力線通信の技術的課題とこれからの展望について述 べる.

The regulation on in-home power line communication (PLC) has been eased in Japan from October 2006. By this deregulation, several vendors have supplied many PLC adapters interconverting Ethernet signals and power line signals. The PLC adapters are promising for in-home networking but the realization would be difficult owing to the circumstance of the wiring and/or other equipments. In this talk, we discuss current technical problems and visions for PLC.