通信情報システム専攻 2006年度談話会の概要


第1回
日  時: 4月21日(金) 16:30-18:00
場  所: 工学部10号館 第一講義室/ 宇治本館5階 N503号室/ YRPモバイルラボ
: 安田 豊 氏 ( KDDI(株) 執行役員 技術統轄本部長 )
講演題目: ユビキタス情報通信社会への期待と課題 − モバイルとインターネットの発展と 融合がもたらすもの − Expectations and Issues towards the Ubiquitous ICT (Information & Communication Technology) Society - What will be brought by Evolution/Convergence of Mobile & Internet? -
概  要
モバイル通信とインターネットの発展はとどまるところを知らず、 それらの融合がさらに進むことによって、本格的な「ユビキタス 情報通信社会」が到来すると予測されている。この新しい世界は、 私達の生活をより楽しく便利なものにしてくれると期待されているが、 一方で、ネットワークインフラの容量逼迫や、セキュリティ面での 不安に対する課題などが浮き彫りになりつつある。本講演では、 KDDIが実現を目指すFMCとオールIP化をベースとした 「ウルトラ3G」のシステム構想などを紹介しながら、情報通信の さらなる発展への期待を述べるとともに、今後解決していくべき 諸課題やグローバルな視点での対処策などについても触れることと したい。

Evolution of both mobile communications and the Internet is everlasting, and it is anticipated that the further convergence of those will realize so-called [Ubiquitous ICT (Information & Communication Technology) Society]. When this new paradigm is realized, it is expected that our life will become more convenient and enjoyable. On the other hand, several issues are highlighted towards this new paradigm, such as saturation of the network infrastructure capacity, further reinforcement of the network security, etc. The presentation will address the expectation for the further development of the Information and Communications Technology as well as the issues to be solved from the global viewpoint, introducing KDDI's [Ultra 3G Concept] which will be realized based on the FMC (Fixed and Mobile Convergence) and all-IP network infrastructure.


第2回
日  時: 5月19日(金) 16:30-18:00
場  所: 工学部10号館 第一講義室/ 宇治本館5階 N503号室/ YRPモバイルラボ
: 室岡 孝宏 氏 (NTT未来ねっと研究所 主任研究員)
講演題目: 通信と処理の融合による新たなネットワークサービスへの期待 An application oriented computer network and its prospective effects
概  要
計算機ネットワークの黎明期では、アプリケーション処理と、 通信機能が一体として扱われていた。今日、ルータと呼ばれる 機能も、当時は1つのアプリケーションとして実現されていた。 すなわち、アプリケーションのための通信機能変更が可能な環境 にあった。その中で、先駆的なユーザによる通信機能拡張が 進められ、今日の計算機ネットワークの基礎が築かれた。 一方、回線の広帯域化に伴い、ネットワーク機器は専用化の 一途をたどり、今日では、アプリケーションとは独立した存在 となっている。一方、極めて広帯域を要求する高品質映像の 多地点配信のような、既存機器だけでは困難な先進的なサービス の実現には、ネットワーク内にアプリケーション機能の一部を 導入する試みが効果を示している。 本講義では、通信と処理の融合により期待される効果を起点に、 アクティブネットワークと呼ばれる過去の研究、および、 その実現に必要なノード装置の構成を概観し、デジタルシネマ と呼ばれる超高品質映像の多地点配信の試みについて 最新の話題を含めて紹介する。

In the early internetworking year, application-data-processing and data-communication-functions ware simultaneously implemented on general purpose computer systems. The pioneers tried to improve its performance and convenience with their own computer program, and these efforts established a basis of the computer networking technology on today. Functions for data-communication-part are implemented as dedicated stand-alone system to satisfy the communication wire-bandwidth-requirement on today, and the dedicated system is called as “router”. Some innovative applications, on the other hand, which need in network data-processing to achieve them cost-effectively. In this lecture, it takes a general view of the past researches which are called active-network and its impacts for network oriented applications at first, after that a Digital Cinema delivery system achievement using this method will be introduced including hot topics.


第3回
日  時: 6月16日(金) 16:30-18:00
場  所: 工学部10号館 第一講義室/ 宇治本館5階 N503号室/ YRPモバイルラボ
: 松田 庄司 氏 (三菱電機(株) 通信機製作所)
講演題目: アレー信号処理を用いたデジタルビーム形成技術の動向とレーダーネットワークへの応用 A trend of digital beam-forming technology using array signal processing and applications to radar network.
概  要
概要(和文): 近年のレーダーではフェーズドアレー技術やデジタルビーム形成技術を 適用した高性能のアレーアンテナを使用することが一般的になりつつあ る。また、そのビーム形成法は、従来のデータ非依存型のビームフォー マのほか、データにアダプティブな空間フィルタリングの応用も数多く 研究され、干渉抑圧性能の向上に効果をあげている。さらには、このよ うなアレー信号処理技術を、分散配置した複数のアンテナのビーム合成 に拡張することにより、空間的なレーダーネットワークの性能を向上させ る試みも研究されている。ここでは、レーダーにおけるアレー信号処理 を用いたデジタルビーム形成技術の動向を概観するとともに、バイスタ ティックレーダーや分散アレーレーダーのビーム形成法を例にとり、こ の分野の最新技術を紹介する。

Phased array and digital beam-forming technologies for high performance antenna have been commonly used in many recent radar applications. As well as a conventional data-independent beam-former, many applications of data-adaptive spatial filtering approach, witch achieve superior interference suppression, has been studied for radar beam-forming. Furthermore, the attempt to improve the performance of a spatial radar network is researched by extending such array signal processing technology to the beam synthesis of widely distributed antennas. Here, while surveying the trend of the digital beam-forming approach using array signal processing in radar application, the latest technologies of this field (for example, a beam-forming method of bistatic radar and of distributed array radar) are introduced.


第4回
日  時:7月21日(金) 16:30-18:00
場  所: 工学部10号館 第一講義室/ 宇治本館5階 N503号室/ YRPモバイルラボ
:粂 直人 氏 (社会情報学専攻 (D3), 学振特別研究員)
講演題目:医用バーチャルリアリティと大規模シミュレーション Medical Virtual Reality and Massive Simulation System
概  要
IT技術の社会適用の一端をになう分野として、バーチャルリアリティ(VR) の医療応用がある。医用VRでは、手術手技訓練シミュレータを用いて 医師の訓練環境を提供できると期待されている。CGとシミュレーションを ベースに発展したVRは、汎用デバイスの開発により、力覚呈示が可能な 体感型シミュレータを容易に構築できる段階にある。特に、手術手技の 訓練では臓器を操作する際の感覚を知ることが重要であることから、 力覚呈示を伴う手術シミュレータの開発は必須である。しかし、 当然の事ながら、モデルの精度と計算量はトレードオフの関係にあり、 力覚を伴うシミュレーションのデザインは計算機能力に大きく制約される。 本講演では、シミュレーション技術とVRの関係を概観した後、 最新のVR手術シミュレータを各種紹介し、シミュレーションデザイン について解説する。反力呈示を伴う臓器シミュレーションがもたらす 技術的課題にふれ、現在、富田研と京大病院医療情報部が共同研究を すすめている「超高速体感型シミュレータ」プロジェクトを紹介する。

Medical Virtual Reality (VR) is an application of information technologies for society. VR-based surgical simulator is expected to provide advanced training environment for medical doctors. Because adjustment of force control in surgery is difficult, surgical training simulator with haptic feedback is desired. VR was improved with computer graphics and simulation techniques. Additionally, development of several force feedback devices makes VR system easy to be constructed with visual and haptic feedback. On the other hand, PC-based system causes serious poverty of calculation resources for surgery simulation. In the early part of my presentation, I will allude to simulation system from a standpoint of VR. After the presentation addresses the instruction of general VR, surgical simulation system will be introduced. Finally, the project "Real-Time Sensable Simulation Systems" that is a collaboration work with Tomita laboratory will be explained.


第5回
日  時:10月20日(金) 16:30-18:00
場  所: 工学部10号館 第一講義室/ 宇治本館5階 N503号室/ YRPモバイルラボ
: 加山 英俊 氏 (ドコモ北京研究所 創新伝輸研究室 研究室主任)
講演題目: 次世代移動通信に向けた動向とモバイル・ユビキタス融合への挑戦 The trend of next generation mobile communications and a challenge toward mobile and ubiquitous integration
概  要
第1世代から第3世代まで進化を遂げてきた移動通信システムは,さらに ギガビット伝送をも視野に入れた第4世代への発展が見込まれている。 一方,IEEEにおいても802.16eや802.20など,移動に対応したワイドバンド 無線伝送の規格が議論されている。 本講演ではこれら標準化動向とそのキーテクノロジーとなる伝送技術に ついて俯瞰すると共に,国内ではあまり知られていない中国での移動通信 事情や次世代移動通信に向けた国家プロジェクトの研究動向について解説 する。また将来のユビキタス環境とモバイルが結びついた高度なサービス の提供を目指した当研究所のビジョンと新しい研究の取り組みについても 紹介する。

Mobile communication systems are evolved from the first generation to the third generation, and now they are expected to realize Gigabit transmission in the forth generation. While, alternative wideband mobile systems such as 802.16e and 802.20 are hotly discussed in IEEE standardizations. In this presentation, the trend of these standardizations and their key technologies are overviewed. Then the situations of Chinese mobile communication industry and Chinese national research project for future mobile communication, which are not so familiar in Japan, are summarized. In addition, our new vision and research activities toward highly developed mobile services provided by mobile and ubiquitous integrated environments are also introduced.


第6回
日  時: 11月17日(金) 16:30-18:00
場  所: 工学部10号館 第一講義室/ 宇治本館5階 N503号室/ YRPモバイルラボ
: 山岡 雅直 氏 (日立製作所 中央研究所 システムLSI研究部)
講演題目: LSIにおける最大の問題 "ばらつき" を克服する回路技術 Circuit design to control "variation"; the largest issue in advanced LSI development
概  要
LSIの製造技術は微細加工技術が進み、現在では65nmプロセスを用いた LSIが製造される段階にある。微細化とともに、LSIの製造時のプロセス および動作条件によるトランジスタの性能ばらつきが問題となり、 最先端のLSIの研究および開発はばらつきに如何に対処するかに重点が 置かれている。 本講演では、トランジスタの性能ばらつきの概要について述べ、その 影響による回路性能の劣化について概説する。さらに、現在のばらつき を克服するLSI設計の研究・開発動向を紹介する。

Scaling of LSI manufacturing process is advancing, and today, the LSIs are manufactured by using 65-nm manufacturing process. A large problem occurred with process scaling is variation of transistor performance caused by fluctuations of LSI manufacturing process and operating condition, and therefore, today's research and development focus on how to deal with the variation. In this talk, I will overview the variation of transistor performance, and their effect on circuit performance is also referred. I will also talk about the recent R&D trends of LSI design to overcome the variations.


第7回
日  時: 12月15日(金) 16:30-18:00
場  所: 工学部10号館 第一講義室/ 宇治本館5階 N503号室/ YRPモバイルラボ
: 中村 卓司 氏 (津田研 助教授)
講演題目: レーダー観測からライダー観測へ ----- レーザー光を使ったレーダーによる地球大気観測の動向 ------ Atmospheric lidar observations; Recent progress of laser radar observations of earth's atmosphere
概  要
滋賀県甲賀市信楽町にある生存圏研究所のMUレーダー(中層・超高層 大気観測用大型レーダー)をはじめとする大気観測レーダーは、 中波からミリ波まで種々の周波数で、地球大気の運動(風速)、温度、 湿度、電離層プラズマなど、気象・大気力学・地球大気変動に関する 計測を行なうレーダーである。近年は、電波のかわりに光(レーザー光) を用いて散乱光を受信して大気を計測する大気ライダー(レーザーレーダー) 観測が発展してきた。紫外光から近赤外光までのレーザーを用いる 種々の大気ライダー観測について紹介し、大気レーダーとの比較を 述べる。

The MU radar (Middle and Upper Atmosphere Radar) of RISH (Research Institute for Sustainable Humanosphere), Kyoto Univ., located in Shigaraki, Shiga, is one of the most capable atmospheric radar. Atmospheric radars utilize radio waves of various frequencies between MF (Medium Frequency) and EHF (Extremely Hight Frequency), and observe atmospheric motions (wind velocities), temperature, humidity and ionospheric plasma characteristics, measuring parameters on meteorology, atmospheric dynamics and variability of the earth's atmosphere. Recently, atmospheric lidars (laser radars) have been developed significantly, which use light waves (laser lights) instead of radio waves. Various atmospheric lidar techniques will be introduced and compared with radar observations.


第8回
日  時:1月12日(金) 16:30-18:00
場  所: 工学部10号館 第一講義室/ 宇治本館5階 N503号室/ YRPモバイルラボ
: 平石 拓 氏 (湯淺研 D2)
講演題目: S式ベースC言語における変形規則による言語拡張機構 Language Extension by Rule-based Transformation for S-expression-based C Languages
概  要
我々は,S式ベースの(Lisp風の構文を持つ)C言語を用いて C言語への変換による言語拡張を容易にすることを提案している. また,その方式を実現するためのフレームワークとして,SC言語処理系 を開発した.言語開発者はこの処理系を用い,S式の変形規則を記述する ことでC言語の拡張を実装することができる.この変形規則の記述には, S式のパターンマッチを用いることができるようにしている. SC言語では新しいコンストラクトの追加が容易であり,またS式は Common Lispを用いて容易に変形・解析などをを行うことができるため, 本処理系を用いて様々な言語拡張が少ない実装コストで実現可能になる. 本講演では,実際にこの処理系を用いたいくつかの言語拡張例も紹介する.

We are proposing an extension scheme for SC languages (extended/plain C languages with an S-expression based, syntax) to facilitate transformation-based extensions to the C language. (S-expressions are fundamental grammar units in Lisp consisting of atoms or lists.) For this purpose, we developed SC language system. Using this system, a language extension is implemented by transformation rules over S-expressions, that is, Lisp functions with pattern-matching on S-expressions. Thus, many flexible extensions to C can be implemented at low cost because (1) of the ease with which new constructs can be added to an SC language, and (2) of the pre-existing Common Lisp capabilities for reading/printing, analyzing, and transforming S-expressions themselves. In this presentation, I will show some practical examples of just such extended languages.