通信情報システム専攻 2005年度談話会の概要


第1回
日  時: 415日(金) 16:30-18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5N503号室/YRPモバイルラボ
講 演 者:嶋田 創 氏 ( 富田研 特任助手 )
講演題目:近年のプロセッサにおける消費電力の増加とその対策 Increase of Power Consumption in Recent Processors and Countermeasures
概  要:
近年のプロセッサでは、消費電力の増加が大きな問題となっている。特に、ノート型コンピュータや情報家電などでは、筐体のサイズの縮小や電池寿命向上の点から、消費電力はさらに大きな問題となる。本講演では、まず、近年のプロセッサの消費電力の増加傾向について、製造プロセスの微細化によるトランジスタの特性の変化の点も含めて説明する。次に、消費電力の増加やそれに付随して起こりうる問題についての説明を行ない、その後、それらの問題への対策技術を、実用済のものから研究中のものまで紹介する。
In recent processors, increase of power consumption becomes a big problem.Especially, the power consumption is more important in note type computers and information appliances, because they have to concern a small case and a battery life.  In this talk, first of all, I talk about tendency of power consumption increasement in recent processors with change in characteristic of the transistor by shrinking in fabrication process.  Secondary, I talk about the problem which occurred from power consumption increasement. Finally, I'll introduce various power consumption reduction techniques from commercialized techniques to under researching techniques.

第2回
日  時: 520日(金) 16:30-18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5N503号室/YRPモバイルラボ
講 演 者:田野 哲 氏 ( 森広研 助教授 )
講演題目:ソフトウェア無線技術の動向Research trend of the software defined radio
概  要:
ソフトウェア無線は軍事関連技術の研究より生まれたものではあるが、現在では第二世帯や第三世代等の多くの無線通信システムが共存する移動通信分野で盛んに研究がなされている。これは、ソフトウェア無線がこれらの無線システムを統合できる可能性を秘めているからである。また、第四世代システムではそれ以前のシステムのようなサービスエリアを確保することが困難で、他のシステムとの協調が必須であり、ソフトウェア無線はこれを可能にする技術として検討されている。本講演では、ネットワーク層についても簡単に言及するが、主に物理層のソフトウェア無線の研究動向や開発例を紹介する。
Software defined radio which was invented through research on military technologies has drawn interests of many researchers in the field of mobile communications,because the software defined radio potentially provides a scheme to integrate several radio communication networks, for instance, 2nd, 3rd generation cellular systems, short distance radios and so on.   On the other hand, 4th generation system is considered difficult to implement as a nation wide network, requires mechanism to cooperate with other networks. Therefore, software defined radio is regarded as a promising concept to implement such mechanism.   In this talk,current research activities including software and hardware implementation of up to 2rd layer are mainly focused. In addition, software defined radio in the network layer is also mentioned.

第3回
日  時: 617日(金) 16:30-18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5N503号室/YRPモバイルラボ
講 演 者:篠原 尋史 氏 ( 小野寺研 D1(社会人Dr) )
講演題目:サブ100nm VLSI時代の古くて新しい課題「ばらつき」“Variation“ an old and new problem in the sub-100nm VLSI era
概  要:
CMOS VLSIは90nmノードが量産のフェーズに入り、研究開発の中心は65nmノードとその先に移っている。サブ100nmへの微細化に伴い、不純物数の統計的揺らぎを主要因とするMOSFETの特性ばらつきは、従来から考慮されていたアナログ回路だけでなくデジタル回路にも深刻な影響を及ぼすようになった。本講演では、まず、考慮すべきばらつきの種類と性質を概説する。次に、SRAMメモリセルにおけるばらつきの影響と最近の対策事例を紹介する。更に、ばらつきを考慮したロジック設計の最近の動向と将来予想を、今後の研究への期待もまじえて紹介する。
In the CMOS VLSI field, the 90nm node has now entered to the mass production phase, and the emphasis of R&D activity has moved on to the 65nm node and beyond. As the feature size decreases less than 100nm,variation of MOSFET characteristics caused mainly by the statistical fluctuation of impurity number, that has been concerned especially in the analog circuits, has grown to affect serious impacts on the digital circuits.  In the beginning of this talk, various types of variations and their properties are surveyed. Then the influence of the random variation on the SRAM memory cell and its recent countermeasures are discussed.   Finally, current logic design methodology which takes the variation into consideration and its prospects of the future are presented. The speaker’s expectation to the further research activity in this field isadded here.

第4回
日  時: 715日(金) 16:30-18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5N503号室/YRPモバイルラボ
講 演 者:堀之内 武  氏 ( 津田研 助手  )
講演題目:天気予報と大気の数値シミュレーション  Weather forecasts and numerical simulations of the atmosphere
概  要:
天気予報は,世界中で行われている観測や人工衛星のデータを,流体の基礎方程式をもとに降水過程などを組み込んだ数値シミュレーションに取り込むことにより行われている.同様な数値モデルは,将来気候の予測や大気現象のメカニズム探求など,大気研究の様々な側面において用いられている.本講演では,主に天気予報を題材にして,観測の概要と観測データの通信について述べ,予報への取り込み法,大気の数値シミュレーションを概説する.さらに,その後のデータ配信,最近の研究動向や,我々の研究を紹介する.
Weather forecasts are conducted by incorporating observational data into numerical models based on the basic equations of fluid.Similar numerical models are used in various aspects of atmospheric researches such as climate predictions and studies of mechanisms of atmospheric phenomena.  In this talk, I will overview the atmospheric observations, observational data transmission, data assimilation, and numerical modeling methods.  I will also talk about post-forecast data publication, recent research topics, and our studies.

第5回
日  時: 1021日(金) 16:30-18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5N503号室/YRPモバイルラボ
講 演 者:湯淺 太一 氏  氏 ( 湯淺研 教授  )
講演題目:商用JVMにおける実時間ごみ集めの実装  Implementation of Real-time Garbage Collection in a Commercial JVM
概  要:
JavaやLispで記述されたアプリケーションを実行するための処理系には,一般的に,メモリ空間を有効利用するためのごみ集め機能(Garbage Collection,GC)が備わっている.メモリが不足する前に不用なメモリ領域を処理系が自動検出し,アプリケーションが再利用できるように一括して回収する機能である.しかし,従来の実装では,GC処理中はアプリケーションの実行を停止することになり,実時間処理を行うシステムには適さなかった.これを解決するために,スナップショット方式GCをベースにした実時間GC方式であるリターン・バリア方式GCを我々は開発した.これは,スナップショット方式GCの実時間性をさらに向上させた方式である.本講では,オムロン(株)が開発した組み込みシステム用実時間Javaアプリケーション実行環境であるJeRTyVMにおけるリターン・バリア方式の実装および,JeRTyVMの従来のGCとの性能比較について報告する
Runtime systems for applications written in certain languages such as Java and Lisp usually have a garbage collection (GC) feature to make efficient use of memory. With this feature, the system, before running out of memory space, automatically reclaims unnecessary fragments of memory at one burst and recycles them for use by applications.In conventional implementations, however, the system has to suspend the execution of applications while carrying out GC, which renders GC generally unsuitable for real-time processing systems. As a solution to this problem, we have developed the return-barrier method based on snapshot GC. Return-barrier enhances real-time GC processing overthe original snapshot GC.   In this talk, I report the implementation of the return-barrier method for JeRTyVM, which is a real-time environment for embedded Java applications developed by OMRON Corporation,   and its performance improvement over the conventional GC in JeRTyVM.

第6回
日  時: 1118日(金) 16:30-18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5N503号室/YRPモバイルラボ
講 演 者:新熊 亮一 氏 氏 ( 高橋研 助手  )
講演題目:無線ネットワークにおけるQoSと無線リソース制御  QoS and Radio Resource Control in Wireless Networks
概  要:
無線ネットワークでは,利用可能なリソース(周波数帯域,電力,符号)に厳しい制限があり,また,通信路品質が劣悪であるため,安定したQoS(サービス品質)を提供することが難しい.そこで,限られたリソースを高効率に利用し高いQoSを達成するリソース制御技術が求められる.本講義では,まず,QoSと所要通信品質との関係を説明する.次にリソース制御技術を構成する基礎技術として,適応伝送,チャネル割当,順序制御について述べる.さらに,階層伝送やIEEE802.11eといった応用技術にも言及する.
In wireless networks, available radio resources, such as bandwidth,powers, and codes, are strictly limited. In addition to the limitation,the channel quality is not reliable due to fading, shadowing, and pathloss. To provide high-quality and stable services in wireless networks,radio resource control techniques are necessary. In my talk, first,relations between quality of service (QoS) and channel quality requirements are explained.  Then, I explain radio resource control,including a few fundamental techniques: adaptive transmission, channel assignment, and scheduling.   I also mention hierarchical transmission techniques and IEEE802.11e.