通信情報システム専攻 2004年度談話会の概要


第1回
日  時: 2004年4月16日(金) 16:30−18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5階N503号室
: 青木利晴先生 (NTTデータ取締役相談役、前代表取締役社長)
講演題目: 未来のしくみをITでつくる Shaping the Future with IT --- Insight for the New Paradigm
概  要
 IT(Information Technology)の普及は世の中を一変した。  インターネットやパソコンそして携帯電話は、今や生活や仕事の必需品という よりも、大げさにいえば環境といってしまえるほど我々の日常生活に入りこんで しまった。私達はネットワークを通して世界中のパソコンやデータベースに常時 繋がっている。時間や距離を意識せずに誰とでも気楽にコミュニケーションがで きる。便利になったというよりは、もはや個人個人の意識や価値観が変わるほど の本質的な変化をもたらしているといえよう。  企業はもっと敏感だ。ITをフルに活用することで企業と企業の関係がオープン かつ密になり、企業の構造や業務形態が変わってきた。さらに消費者の価値観の 変化で、企業が作り出すサービスや商品そのものまでが新しいものに生まれ変わ りつつある。  ITの浸透による私達の意識の変化、それによってもたらされる市場や産業構造 の変化、そしてユビキタスと呼ばれる次のIT社会。ITの進展が拍車をかけるグロー バル化。 ITの研究開発とビジネスに永年関わってきた立場から、これらの変化 の本質と、日本の産業が世界との競争の中で生き残って行く道を探る。

The rapid diffusion of IT (Information Technology) has completely changed the world we live in. The Internet, PCs and mobile phones have become part of our everyday lives to such an extent that they could even be described as our environment rather than simply indispensable tools for our lives and work. Corporations are even more acutely aware of this than individuals. The structure and forms of business of corporations have been changing as relationships between companies become more open and closer through the full utilization of IT. The changes in our awareness occurring with the penetration of IT are leading to the transformation of markets and industrial structures, and from there to the coming “ubiquitous” IT society. Advances in IT are accelerating the process of globalization. Drawing on his long experience of IT-related R&D and business, Toshiharu Aoki explores the essence of these changes and discusses how Japanese corporations can succeed amid fierce global competition.


第2回
日  時: 2004年5月21日(金) 16:30−18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5階N503号室/YRPモバイルラボ
: 鵜川始陽 氏 (湯淺研 D3)
講演題目: Lazy stack copyingとstack copy sharingによる効率のよい継続の実装 Lazy Stack Copying and Stack Copy Sharing for the Efficient Implementaion of Continuations
概  要
 継続とは、計算のある時点での残りの計算のことである。多くのプログラミン グ言語では、プログラムの制御の流れは一つで、関数を呼出すと、呼出された関 数は必ず呼出し元にリターンする。しかし、Scheme言語などでは、継続をファー ストクラスオブジェクトとして、プログラムから陽に扱うことができる。これに より、プログラムの実行の流れを制御することができる。例えば、例外処理やマ ルチタスクなどの先進的な言語機能も、継続を使うことで、OSやプログラミング 言語の特別な手助けなしに実現することができる。  しかし、継続は関数呼出しの履歴など多くの情報を含むため、継続を高速に扱 うことができる言語処理系を作るのは難しく、多くの実装方法が提案されている。 Lazy stack copyingとstack copy sharingは、実行にスタックを使う処理系に簡 単じ実装することができ、継続を高速に扱うことができる実装方法である。実行 にスタックを使う処理系では、継続を操作する際に、関数呼出しの履歴を保持す るスタックの内容をコピーする必要があるが、この方法では、ほとんどの場合に スタックの内容のコピーを、スタックに残っているものも含めて,二つ以上つく らないようにすることで高速化を計っている。ここでは、lazy stack copyingと stack copy sharingを紹介し、現在我々が行っている関連研究も紹介する。

A continuation represents the rest of computation. Many programming languages have a single control flow. For example, a callee function returns to its caller. However, some languages such as Scheme have a facility to manipulate continuations as first-class objects. This facility allows programmers to control the execution flow. With this facility, we can program even the exception handling mechanism and the multi-tasking, which are advanced language facilities, without any OS supports or other special language falicities. Since a continuation contains many informations such as the history of function calls, it is difficult to manipulate continuations efficiently. Thus, many implementation techniques of first-class continuations have been proposed. Lazy stack copying and stack copy sharing are techniques that can be introduced easily to stack-based systems and that can manipulate continuations efficiently. On stack-based systems, it is necessary to copy the contents of the stack because it has the history of function calls. The techniques prevents creating more than two stack copies including the contents on the stack in many cases to increase its performance. In this talk, I explain lazy stack copying and stack copy sharing, and also scan relating works we are researching.


第3回
日  時: 2004年6月11日(金) 16:30−18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5階N503号室/YRPモバイルラボ
: Gordon G. Shepherd 先生 (京大生存圏研究所客員教授/York University)
講演題目: Observing the Atmosphere from Space
概  要
We are completely dependent on the atmosphere for our existence; its composition, its temperature and its dynamics are critically important to our everyday life. Thus it is important to understand the atmosphere, and to do this it must be observed. This should be done globally and from the Earth's surface up to several hundred km, which can only be done with satellites. Since satellites orbit far above the atmosphere, the observation must be done remotely, from the light emitted by the atmosphere. The presentation describes the principles and application of optical instruments that may be used in satellites to observe the atmosphere, and gives examples of these observations.

第4回
日  時: 2004年7月9日(金) 16:30−18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5階N503号室/YRPモバイルラボ
: 阪本卓也氏 (佐藤研D3)
講演題目: UWBパルスレーダのためのノンパラメトリックな形状推定法 Nonparametric Imaging Algorithms for UWB Pulse Radars
概  要
近い将来、人手での活動が困難な災害現場での救助用ロボットの活躍が期待されている。 こうしたロボットのための状況測定手法として、UWBパルスレーダの利用が有望である。 レーダは、濃い煙の中のように視界が制限される状況でも使用可能である利点を有する。 レーダの受信信号から目標の形状を推定する問題は設定不適切逆問題の一種として知られている。 この問題を解決するために多くの手法が既に提案されてきたが、そのうちの多くが計算速度や安定性の問題を有する。我々は目標が明瞭な境界を有する均質媒質であるという条件の下で目標形状と受信信号の間に可逆な変換関係、境界散乱変換BST(Boundary Scattering Transform)があることを明らかにし、この関係を元にノンパラメトリックな形状推定法SEABED法を提案した。 SEABED法は高速かつ高精度に目標の形状を実現することができることを適用例を元に説明する。 この外、準最適なフィルタリングによる高精度点目標位置推定法、位相回転補正による 形状推定精度の改善、及び3次元SEABED法など、我々の行っている研究内容を紹介する。

講演に関連した英語の文献:

  • T.Sakamoto and T.Sato, ``A Target Shape Estimation Algorithm for Pulse Radar Systems Based on Boundary Scattering Transform,'' IEICE Trans. on Commun. vol.E87-B, no.5, pp.1357-1365, May, 2004. http://www-lab26.kuee.kyoto-u.ac.jp/~t-sakamo/pdf/ieice2.pdf
  • T.Sakamoto and T.Sato, ``An Estimation Algorithm of Target Location and Scattered Waveforms for UWB Pulse Radar Systems,'' IEICE Trans. on Commun. vol.E87-B, no.6, pp.1631-1638, Jun. 2004. http://www-lab26.kuee.kyoto-u.ac.jp/~t-sakamo/pdf/ieice3.pdf
  • T.Sakamoto and T.Sato, ``Fast imaging of a target in inhomogeneous media for pulse radar systems,'' 2004 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium, Anchorage, Alaska Egan Convention Center, USA, Sep. 2004. http://www-lab26.kuee.kyoto-u.ac.jp/~t-sakamo/pdf/igarss04.pdf
  • T.Sakamoto and T.Sato, ``A fast algorithm of 3-dimensional imaging for pulse radar systems,'' 2004 IEEE AP-S International Symposium and USNC/URSI National Radio Science Meeting, Monterey, California, USA, June, 2004. http://www-lab26.kuee.kyoto-u.ac.jp/~t-sakamo/pdf/aps04.pdf
  • T.Sakamoto and T.Sato, ``A Phase Compensation Algorithm for High-Resolution Pulse Radar Systems,'' 2004 International Symposium on Antennas and Propagation, Sendai, JAPAN, Aug. 2004. http://www-lab26.kuee.kyoto-u.ac.jp/~t-sakamo/pdf/isap04.pdf
  • T.Sakamoto and T.Sato, ``An estimation method of target location and scattered waveforms for UWB pulse radar systems,'' 2003 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium, Centre de Congres Pierre Baudis, Toulouse, France, pp. 4013-4015, July 2003. http://www-lab26.kuee.kyoto-u.ac.jp/~t-sakamo/pdf/igarss03proceeding.pdf

第5回
日  時: 2004年10月15日(金) 16:30−18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5階N503号室/YRPモバイルラボ
: 岩間一雄先生 (京都大学教授)
講演題目: 1時間で解る最先端の量子計算―Shorの素因数分解アルゴリズム― Introduction to Quantum Computation and Shor's Factoring Algorithm
概  要
94年に量子計算機なら素因数分解が多項式時間で可能であるという 結果が発表されて大きな反響を呼んだ.現在でもこのアルゴリズムを凌駕する様 なものは出ていない.本講義では,量子計算の基礎と,このアルゴリズムの易し い解説を行う.物理の知識は全く必要としない.

Shor's polynomial-time factoring algorithm is one of the most sensational results in the field of theoretical computer science in the last decade. This lecture gives an introduction to this algorithm from computer science viewpoints, including some basics of quantum computation.


第6回
日  時: 2004年11月12日(金) 16:30−18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5階N503号室/YRPモバイルラボ
: 富永昌彦様 (総務省総合通信基盤局電波部電波環境課長)
講演題目: 最近の電波行政 Recent Policy on Radio Waves
概  要
携帯電話の急速な普及、無線LANや電波を利用した自動認識シス テムの利用増大などに見られるように、近年電波の利用は急激に拡大しており、 国民生活や社会経済活動においてその重要性は益々増大している。今後我が国が 目指すべき国家・社会として「世界最先端のIT国家」や「ユビキタスネットワー ク社会」が指摘されているが、このような国家・社会を構築していく上で電波は 非常に重要な役割を担っていくものとして期待されている。本講演では、このよ うな状況の中で総務省が「電波解放戦略」として推進している最近の電波行政に ついて紹介する。

In recent years use of radio waves has been rapidly increasing in various fields such as cellular phone, wireless LAN and radio frequency identification, and it plays very important roles in people’s lives, society and the economy. Use of radio waves is expected to contribute to building the world’s most advanced IT nation and ubiquitous network society as our nation’s future society. The seminar introduces the MIC’s recent policy on radio waves.
MIC : Ministry of Internal Affairs and Communications


第7回
日  時: 2004年12月17日(金) 16:30−18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5階N503号室/YRPモバイルラボ
: 筒井弘氏 (中村研D3)
講演題目: JPEG2000 符号化方式の組込み向け実装法 Embedded System Implementation of JPEG2000
概  要
ネットワークの高速化と LSI 微細化設計技術の発展にともない, 画像の伝送方式,処理端末および利用形態は多様化する一方である.このよう な背景のもと標準化された画像符号化標準 JPEG2000 では,様々な種類の画像 を統一的な手法で符号化し,符号化された画像は利用形態に応じてスケーラブ ルに利用することが可能である.ストリームのスケーラビリティを実現する JPEG2000 は様々なアプリケーションおよび様々な端末においての利用が見込 まれている.本講演では最近の JPEG2000 の動向と中村研究室における実装に 関する研究を紹介する.

The increasing use of multimedia technologies requires image coding system to compress several different types of still images with different characteristics within a unified system, as well as higher performance. To fulfill this requirement, JPEG2000 is currently being developed by ISO/IEC JTC1/SC29 WG1 (commonly known as the JPEG) and JPEG2000 Part I was standardized in January, 2001. In JPEG2000, wavelet transformation is adopted to decorrelate images spatially to improve compression efficiency. With the use of this transformation, so-called embedded stream can be generated, in which code for low quality/bitrate image is included in that for high quality/bitrate image. Therefore, JPEG2000 can be regarded as the viable image coding scheme in the coming network era. In this lecture, some our works to implement JPEG2000 for embedded systems as well as recent activities in this field are introduced.


第8回
日  時: 2005年1月21日(金) 16:30−18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5階N503号室/YRPモバイルラボ
: 山本真之先生 (京都大学助手)
講演題目: 大気レーダーによる地球大気の観測 Observation of the Atmosphere by Atmospheric Radars
概  要
電波を用いて物体の位置と移動速度を知るレーダーは、交通管制、 自動車や船舶の衝突防止、防災、気象状況の把握やその予測、軍事目的などに広 く利用されており、我々の生活に不可欠なものとなっている。京都大学では、滋 賀県信楽町に設置されたMUレーダーを始めとする多くの大気観測用レーダーをこ れまでに開発しており、地球大気の複雑な運動の解明に大きく貢献している。本 公演では、大気観測用レーダーの概要を述べるとともに、得られた大気観測用レー ダーを用いて得られた観測結果について紹介を行う。

Radar (RAdio Detection and Ranging), which can detect the position and moving speed of targets by using radio waves, is an indispensable tool for human activities. Research groups at Kyoto University has been developing many radars, and contributing to clarify the complicated behaviors of the earth atomsphere. In the presentation, the system description and the observational results of the atmospheric radars will be introduced.