通信情報システム専攻 2003年度談話会の概要


第1回
日  時: 2003年4月1日(金) 16:30−18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5階N503号室
: 廣瀬勝一先生 (ディジタル通信, 吉田研)
講演題目: 暗号用ハッシュ関数の構成と応用について Cryptographic Hash Function: Construction and Application
概  要
暗号用ハッシュ関数は一方向性や無衝突性をもつハッシュ関数であり, 様々な暗号方式の構成に利用される重要な要素である.本講演では, 暗号用ハッシュ関数の構成法および応用について,幾つかの話題を取り上げて述べる. 特に,構成法に関しては,ブロック暗号を利用した構成法の妥当性について,また, 応用に関しては,ビットコミットメントを実現する際に, 暗号用ハッシュ関数を利用することの効果について詳しく述べる.

One-way and collision-resistant hash functions are called cryptographic hash functions. They are used in various constructions of cryptographic schemes and are one of the most important elements in cryptography. In this talk, some topics are discussed on the constructions and applications of cryptographic hash functions. In particular, the following two topics are discussed in detail: (i) construction schemes of cryptographic hash functions using block ciphers and (ii) bit commitment using cryptographic hash functions.


第2回
日  時: 2003年5月9日(金) 16:30−18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5階N503号室/YRPモバイルラボ
: 泉知論先生 (情報回路方式, 中村研)
講演題目: 再構成可能論理デバイスによる計算機構について Computer Architecture based on Reconfigurable Logic Device
概  要
ユーザーの手元で回路を書換え可能な論理デバイス(リコンフィ ギュラブル・ロジック・デバイス)は、従来は専用回路の代替として試作など に用いられてきた。近年の性能ならびに機能の向上に伴い、CPU上でのソフ トウェア処理のような柔軟性と、専用回路に迫る性能を併せ持ったリコンリギュ ラブル・コンピューティング・システムを実現するためのキー・テクノロジー として脚光を浴びている。本講演では、自己を動的に再構成可能なアーキテク チャであるプラスティック・セル・アーキテクチャを中心に、そのアーキテク チャ、デバイス、プログラム環境、その応用などについて述べる。

Reconfigurable logic devices are conventionally used for prototyping as alternatives to dedicated circuits. Led by recent development of their performance and functionality, reconfigurable logic devices are considered to be a key technology to realize reconfigurable computing system which has both flexibility similar to software and high performance close to dedicated hardware. In this talk, some topics are discussed on architectures, devices, design tools, and applications, especially, topics on dynamic- and self- reconfigurable architecture named plastic cell architecture (PCA).


第3回
日  時: 2003年6月13日(金) 16:30−18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5階N503号室/YRPモバイルラボ
: 松本紘先生 (宇宙電波工学, 松本研)
講演題目: 21世紀の新エネルギー「宇宙太陽発電」の取り組み New Energy Source in the 21st Century: Space Solar Power System
概  要
本講演では、21世紀に人類文明が直面する地球温暖化問題、エネ ルギー問題などを解決する方法として提案されている宇宙太陽発電について、最 近の基礎研究、問題点、その解決方法などを紹介する。今、なぜ宇宙太陽発電 か? 何が問題か? 技術的な可能性は? 上記の人類の深刻な問題解決にどの ように役立つか? などを問題の背景、研究の歴史、京都大学での取り組み、国 レベルで検討中のNASDAや経済産業省の委員会活動、国際状況などについて述べ る。技術的な問題点には数多くの分野が関係するが、本講演ではマイクロ波によ る電力伝送の開発を中心とする。

An overview of the Space Solar Power System (SSPS) is presented. The SSPS is one of the most hopeful system to overcome our seirous issues which we will face throughout the 21st century such as global warming, and energy shortage problems. We will touch upon not only technical side of the SSPS but also the backgournd of societal needs of the SSPS, historical review of the SSPS research and internatinal and domestic activities concernign the SSPS. The technological topics will be focused mainly on the micowave power transmission. Reference:
Matsumoto, H., Research on solar power satellites and microwave power transmission in Japan, IEEE Microwave magazine, 3, 36-45, 2002.


第4回
日  時: 2003年7月11日(金) 16:30−18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5階N503号室/YRPモバイルラボ
: 橋口浩之先生 (リモートセンシング工学, 深尾研)
講演題目: 地球大気のレーダーリモートセンシング Radar Remote Sensing of the Earth Atmosphere
概  要
我々は、大気レーダーを開発し、それを気象観測等へ応用するための 研究を行なっている。1984年に開発されたMUレーダーは、アクティブ フェーズドアレイ方式を採用した世界初の大型大気レーダーで、現在でも なお世界一の性能を誇っている。その後、MUレーダーの経験を活かして 開発された比較的小型の下部対流圏レーダー(LTR)は、31台から成る気象庁の 大気レーダーネットワークWINDASに採用され、それで得られたデータは 日々の天気予報にも利用されている。また、地球大気大循環の駆動源と 言われるインドネシア赤道域にもMUレーダーに匹敵する大型の赤道大気 レーダー(EAR)を設置し、赤道域大気現象の解明を目指している。 本講演では、大気レーダーの観測原理について概説し、上で述べた これまでに本センターで開発してきた各種レーダーや、それらを用いた 国内外における観測例など、研究成果の概要を紹介する。

We have developed various kinds of atmospheric radars to apply to meteorological observations. The MU (Middle and Upper atmosphere) radar, constructed in 1984, is the first atmospheric radar using the active phased array and is one of the most powerful radars for detailed atmospheric observations. A lower troposphere radar (LTR), we developed, is relatively small-sized active phased array radar. 31 LTRs are now used in WINDAS (Wind Profiler Network and Data Acquisition System) of Japan Meteorological Agency. We continuously observe the equatorial atmosphere in Indonesia, which plays an important role in the global circulation, using the equatorial atmosphere radar (EAR) since about two years ago. In my talk, I will explain the observation principle with atmospheric radars, and will give an outline of our recent results concerning with the radar development and meteorological observations.


第5回
日  時: 2003年10月10日(金) 16:30−18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5階N503号室/YRPモバイルラボ
: 中島康彦先生 (経済学研究科) (担当: 計算機アーキテクチャ, 富田研)
講演題目: ILPがダメなら,命令を減らせ! Reduce the instructions if ILP stops being useful!
概  要
商用プロセッサの世界では,スーパスカラやVLIWなど,命令レベル 並列性(ILP)を利用した高速化手法が花盛りである.しかし,命令レベルの並 列処理を追求する従来の方式では、明示的並列性の乏しい「普通のプログラム」 に対する今後の飛躍的な性能向上が望めなくなってきている。これに対し、コン パイラがABIに準拠した命令列を生成することを前提にして、ハードウェアが 命令列を「実行しない」ことにより、従来とは異なる視点に基づく高速化が可能 ではないかと考えた.本講演では,連想検索機構を組み込んだ,先進的な命令実 行モデルの研究について紹介する.

Superscalar technique is widely used to speed the execution of the traditional load-modules. However, the memory latencies are increasing rapidly, then even large instruction window is being unable to utilize instruction level parallelism. For this reason, many speculative multithreading techniques are widely researched recently. Region-reuse is basically different from speculative execution because reuse can reduce the total number of instructions to be executed. This seminar shows an innovative speedup technique introducing multilevel reuse and parallel precomputation of functions and loops with an associative memory system.

参考資料http://www.econ.kyoto-u.ac.jp/~nakashim/proj-camp/doc/seminar.20031010/nakashim.pdf 聴講者は適宜プリントアウトするなどして持ってきてください。

第6回
日  時: 2003年11月14日(金) 16:30−18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5階N503号室/YRPモバイルラボ
: 梅原大祐先生 (伝送メディア, 森広研)
講演題目: コンセントでつなぐホームネットワーク Home Network Connection at Power Outlet
概  要
ADSLやFTTHなどのデータ通信用のアクセス網の発展に伴い,家庭から高速にイ ンターネットアクセスができるようになりつつある.家庭内の至るところから インターネットを利用するためにはホームネットワークを構築する必要がある. 特に,家庭内に張り巡らされた電力線は新規配線なしで家庭のどこからでも利 用できる通信媒体となりうる.ユーザの視点からみた電力線通信の利便性を導 入部として,電力線通信技術に関する技術的な問題点,法規制,近年の技術動 向,将来への課題について述べる.

According to developments in access networks such as ADSL and FTTH, users can enjoy high speed Internet access from home. In order to access Internet from anywhere in home, users are required to create home network. In particular, the residential power line is a communication medium to realize the wired ubiquitous networks in home. The first part of this talk introduces the benefits of power line communication from the viewpoint of users. Some topics about power line communication are discussed on technical problems, regulation and deregulation, recent developments, and future challenges.


第7回
日  時: 2003年12月12日(金) 16:30−18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5階N503号室/YRPモバイルラボ
: 服部俊洋様 (大規模集積回路, 小野寺研)
講演題目: 最近のエンベッデドマイクロプロセッサ設計の課題 Trends and Problems in Current Embedded Processors Design
概  要
最近のエンベッデドマイクロプロセッサ設計において、動作速度・ 小面積のみならず、システム性能・低消費電力・短設計期間設計  へのニーズが高まっている。特に、低消費電力に関しては従来から 定義されていた平均動作電力だけでなく、スタンバイ電流や特定 アプリケーションの連続使用時間というものを削減することが重要 になっている。また、CPUによる処理だけではなく、ハードウエア アクセラレタを搭載することによって、低消費電力を維持しつつ、 システム性能を確保することが重要になってきている。携帯電話向 けアプリケーションプロセッサを中心に設計における技術動向なら びに、今後の課題について述べる。

Not only high-frequency & small-die-size but also system performance & low-power & short-design-time are important metrics in embedded microprocessor design. For the low-power design, besides dynamic power dissipation, stand-by power and continuous time for an specific application should be reduced. Current "system on chip (SOC)" embed hardware accelerators in order to achieve high system performance with keeping low-power. Technology trends and problem to be solved in low-power embedded processor design (mainly application processors for cellular phone) will be discussed.


第8回
日  時: 2004年1月23日(金) 16:30−18:00
場  所: 工学部10号館第一講義室/宇治本館5階N503号室/YRPモバイルラボ
: 橋本弘藏先生 (数理電波工学, 橋本研)
講演題目: 宇宙太陽発電所におけるマイクロ波電力ビーム制御 Microwave Beam Control for Space Solar Power Satellite
概  要
宇宙太陽発電所(SPS)は,静止衛星軌道からマイクロ波でに地上に電力を送 る,炭酸ガスを出さないクリーンなエネルギー源として注目されている。 本講演では,SPSついて概説し,そこで用いられるマイクロ波電力ビーム制御 システムについて述べる。SPSではマイクロ波による送電に際し,受電点から パイロット信号を送信し,その到来方向に電力ビームを向ける,レトロディレ クティブアンテナとしての機能が要求される。必要とされる特性や技術的課 題などについて議論する。

Space Solar Power Satellite (SPS) attracts attention as a CO2-free clean energy source, which transmits electric power by microwave from a geostationary satellite orbit to the ground. In this lecture, I will talk about the outline of the SPS and a microwave electric power beam control system used there. On this system, a pilot signal is transmitted from a power receiving point and SPS requires the function as a retrodirective antenna to send back an electric power beam to its arrival direction. Its requirements and technical issues will be discussed.